賢く稼ぐための投資用ワンルームマンションNavi

サイトマップ

投資家からの注目を集める投資用ワンルームマンションシリーズベスト3

コンシェリア
(クレアスライフ)

コンシェリア(クレアスライフ)

東京23区内の中でも、
都心6区での展開に特
化したシリーズ。
一切の妥協をしない
設備・デザインが、
単身者から強く支持されている。

詳細情報を確認する

PHOENIX
(トーシンパートナーズ)

PHOENIX(トーシンパートナーズ)

杉並区や練馬区と
いった、都心へのアク
セスに優れたエリアを
中心に展開。
生活のしやすさを重視
し、シンプルなつくりが特徴。

詳細情報を確認する

REISM
(リズム)

REISM(リズム)

中古物件をリノベー
ションし、まったく
新しいものへと生ま
れ変わらせた、スタ
イリッシュな若者向
けのシリーズ。

詳細情報を確認する

投資用マンション選びの極意

投資用ワンルームマンションの物件選びでチェックすべきポイントを紹介しています。安定したマンション経営をするには、どのような要素が必要なのでしょうか。

投資用ワンルームマンション選びに好立地は必須

不況といわれる今の時代にあって、賃貸物件で安定した需要があるのは、大都市圏の好立地物件です。

駅から徒歩10分圏内である/最寄り駅からターミナル駅までが近い/複数の交通機関が利用可能/商業施設が充実/公園など自然環境が良好などなど。

都心部には賃貸物件が豊富にある分、当然ながら好立地の物件に人気が集まります。

ワンルームマンションに投資する場合、立地は後からどうにかできる要素ではないため、最重要ポイントと考えるべきでしょう。物件の立地が良ければ、安定収入が得られる可能性も高くなるのです。

マンションは新築で設備が充実しているか

都心のマンションといっても、高度経済成長期の古い物件から、最新の物件まで、多種多様なものがあります。

部屋の間取りや立地が同等であれば、新築の方が販売価格は高くなるのですが、設備の充実度や人気なども含めて、トータルの投資費用対効果を考えると、できるだけ新築物件を選ぶのが無難といえるでしょう。

例えば、耐震性能が高い、セキュリティ対策がしっかりしている、さらにはデザイン性が優れているといった、人気要素は当然のことながら、新しい物件の方が充実しています。

特に、耐震性能については、現在の建築基準法が改正されたのが1981年で、新耐震設計法が導入されています。加えて、1995年の阪神・淡路大震災や、2011年の東日本大震災を経て、より耐震性能に関する重要性は増しています。

つまり、2011年以降に着工された物件であれば、耐震性においても有利と考えられます。もちろん、マンションの構造によって耐震性が変わってくるため、あらかじめ業者に確認をすることが大切です。

数十年のローンを組んで投資するわけですから、可能な限り、最新の構造や設備を持ったマンションを選ぶのがポイントといえます。

中古マンションではなく、新築マンションに投資するメリット

  • 融資額や金利、借入条件が有利
    中古マンションの場合、融資してもらえないケースもあるため、まとまった資金が必要です。しかし、新築マンションなら最大で約95%の融資が可能となり、少ない資金で投資がスタートできます。ローンをする場合でも、新築マンションなら金利や借入条件が有利になるようです。
  • 税制面において優遇される
    新築マンションは固定資産税の減免措置が受けられるほか、不動産取得税の控除額が中古マンションよりも多くなります。また、税金還付や減額といった節税効果も期待できるようです。
  • 仲介手数料が必要ない
    中古マンションは仲介手数料(購入額の3%程度)がかかるため、新築マンションに比べて諸経費が高くなります。そのほか、通常通り、登記費用などもかかります。
  • 空室保証が受けられる
    新築マンションの場合、業者によっては20年~35年の空室保証が受けられるため、空室リスクを防ぐことができます。

ほかにも、中古マンションだと、購入後にリフォームやクリーニング費用がかかったり、修繕積立金の問題なども生じてきます。

新築マンションは最新設備が採用され、住宅としての質が高いため、資産価値という面でも有利といえるでしょう。

メンテを一任できる不動産会社を選ぶ

投資用ワンルームマンションのオーナーになるには、物件価値だけでなく、入居者の対応や物件のメンテナンスを含めた管理・運用業務も重視すべきポイントです。

とはいえ、投資するだけでなく、こうした専門知識を必要とする業務を、一般の方が自分で対処するのは容易ではありません。

そこで、物件を選ぶ際に、それを扱っている不動産投資会社が、管理・運用業務をまとめてサポートしてくれるかをチェックしましょう。

不動産販売だけでなく、こうしたメンテナンス全般を請け負う部署やスタッフがいる会社なら、物件購入後の運用も安心して任せることができます。

 
賢く稼ぐための投資用ワンルームマンションNavi